眠りにくくなったり、朝早いうちに目が覚めてしまう場合、メラトニンが不足しているという可能性があります。メラトニンが体内に存在していることで、生物は睡眠状態に入りやすくなることが、知られています。メラトニンが分泌されると、健康にいい睡眠をとることができるので、重要性は高いと見なされています。通常の規則正しい生活をしている方であれば、夜になると自然に分泌されるため、自分の意志とは関係なく眠くなってきます。規則正しい生活を送ろうにも、仕事が忙しくて夜中まで寝ることができないといったケースもよくあります。メラトニンが分泌される時間が決まっていないと、急に就寝する必要が生じたとしても、思うように眠れないことがあります。サプリメントでメラトニンを体内に取り入れるという方法はありますが、現在のところ、日本国内ではメラトニンサプリメントの製造、販売は認められていません。従って、メラトニンの分泌を促す効果がある成分を摂取して、眠りにつきやすくするという方法が用いられます。メラトニン量を増やすには、必須アミノ酸のトリプトファンを摂取することで、セロトニンというホルモンの分泌を促すという方法が有効になります。つまりトリプトファンを含むサプリメントを摂取することで、結果的に安眠を手に入れることができるというわけなのです。病院に行けない、あるいは病院に行くほどではないけれど、なんとなく寝つきが悪い気がするといった方には、サプリメントがおすすめです。トリプトファンや、セロトニンをサプリメントで摂取することで、メラトニンの生成を促進し、睡眠をサポートしてくれます。新軟骨成分配合「北国の恵み」は初回480円モニターでお試しできます