にきびの症状が軽いうちは、何もしないでそのままにしているという人は意外と多いようです。皮膚科の治療をするにきびとまではいかないなら、お金をかける必要もないし、何もしないでいようという考え方は自然なことです。しかし、皮膚科でにきびを治療してもらえば、にきびの治りが早くなったり、跡が残ることを防げる場合もあります。一旦できたにきびへのケアが適切でなかったために、にきびの腫れが広がったり、にきび痕が大きくなったら面倒です。にきび治療の方法はいくつかありますが、皮膚科では薬の処方や、治療具の使用が主になります。塗り薬には、にきびの原因となるアクネ菌を殺菌するものや、毛穴の目づまりを解消する薬など、現在できたにきびの症状緩和や、今後のにきび予防効果が得られます。にきび治療に用いる飲み薬には、肌の回復を促進するビタミン剤や、ホルモンのバランスを整えるホルモン剤、化膿止めの抗生物質などがあります。ビタミンCは肌の健康状態を高める作用があり、ビタミンB6や、ビタミンB2は皮脂の分泌を減らす作用があります。器具を使用した治療には、面皰圧出、レーザー治療、イオン導入などがあります。できてしまったにきびが早く元のお肌になるように、にきびの中に詰まっている膿や皮脂を、面皰圧出という道具を使って取り出すという治療方法です。レーザーでのにきび治療は、にきびの膿を除去することで、新しくにきびになりにくくします。イオン導入は、ビタミンCなどの肌の状態を改善する成分が皮膚の深部にまで浸透するように、微弱な電流で栄養素をイオン化させる方法です。無添加オーガニック歯磨き粉「はははのは」で安全に歯を白くする